Service

各種物件の不動産売却を長野でお手伝いしています

築古物件や空き家などの不動産売却のご相談を長野で承ります

戸建てやアパートなどの不動産売却について、長野でご案内しております。管理が行き届かずに放置された空き家は、防災性や防犯性の面から見て危険があります。ごみの不法投棄や雑草の問題によって景観を損ない周辺住民に迷惑をかけてしまう可能性や、倒壊等により周辺家屋や通行人等に危害を与えるリスクも高まります。たとえ所有者に過失がなかったとしても、責任に問われることになるため十分な注意が必要です。そのようなリスクを避け、所有物件の適切な活用方法についてご提案するため、不動産売却のご相談を長野で承っております。

満足度の高い不動産売却を目指し長野でご提案しています

空き家物件は全国で年々増加し続け、築年数の経過した中古物件について、売却や活用法を悩んだまま中途半端な状態で放置したままの物件は、管理も行き届かずに社会問題となっています。そのような問題を解決し、近隣の住民の生活環境を守るために「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。それにより、倒壊などの危険性があるなど、特定の状態にあると自治体が判断した空き家は、これまで優遇されていた固定資産税の優遇措置が元の税率となり、今までの6倍の税金を支払うことになる可能性が出てきています。

手続き上の不安や進め方に対する疑問から、物件をそのままにしていたお客様に活用に向けて、より良い活用方法をご案内いたします。ご要望に真摯に向き合って、満足度の高い売却をトータルにご提案いたします。

相続に伴う不動産売却のご相談を長野で承っております

空き家物件が全国的に増加している原因は様々ですが、相続などにより親族間の共有資産となったために、手続きが進まないまま放置されている物件が増えています。共有資産の場合には所有者全員の合意がなければ諸々の手続きが進められないからです。また物件の築年数が相当に経過して老朽化が進んでいることや、家財道具などの残置物が多量にあるために、売却時のコストを考えるとそれに足るだけの資産価値が十分になく、かえって費用や修繕コストがかかってしまうことなども挙げられます。

しかし空き家物件は、売却や賃貸化なども含めて、適切な修繕や管理を行わなければ、何か起こった際には所有者としての責任が問われます、そのような空き家物件にまつわるお悩みに対して、有効活用による解決策を見出せるようご相談を承っております。

任意売却を含めた不動産売却のお悩みに長野でお応えしております

不動産物件を売却されるお客様には、様々なご事情があります。相続によって引き継いだ物件の管理にお困りの場合や、ライフスタイルの変化に伴う住み替えをご検討の場合もあります。また、生活状況の変化による住宅ローンの支払いが困難になる場合などもあります。様々な状況でのご相談に柔軟に対応して、お客様のご要望に沿った形で物件を売却できるようご提案いたします。任意売却も含めたご相談も承りますので、お悩みの方はご相談ください。

物件に残された家財道具などの整理にも、お悩みの方は多くなっています。ご家族が長年お住まいになっていた家の片付けは、作業量が多いことはもちろん、思い出の品なども多く、処分には精神的な負担も多いものです。そういったお悩みにお応えし、ご要望に合わせて売却などのご案内も行っております。